香水種類

男性用香水人気ランキングBEST10(HOME) > 香水種類    サイトマップ

香水の種類は、「賦香率(ふこうりつ)」で大きく分けると5種類あります。
「賦香率」とは、香りの元となる香料が、香水の成分のなかでどの程度の割合を占めているかを示す数値「香料の濃度」のことをいいます。

一般的に香水は濃度の高いほうから順に、
・パルファン(P)
・オーデパルファン(EDP)
・オーデトワレ(EDT)
・オーデコロン(EDC)
・オーデサントゥール(EDS)
の5段階の濃度で分類されます。

この5段階の名称の略「P」「EDP」「EDT」「EDC」「EDS」は、香水の商品紹介で使われています。
(例)ブルガリ ブルガリプールオム EDT SP 100ml       ※SP=スプレータイプの略(BT=ボトルタイプ表記もあります)

香水の種類ごとに、賦香率、継続時間、特徴・用途をまとめてみました。
香水種類 賦香率 継続時間 特徴・用途
パルファン(P) 15〜25% 5〜7時間 香りに豊かさと深みがあります。
パーティーやフォーマル向き。
オーデパルファン
(EDP)
10〜15% 5時間 パルファンに近い濃度と深い香り、品格を持つ。
手頃な価格で使いやすい。
オーデトワレ
(EDT)
5〜10% 3〜4時間 品がよくソフトな香り立ち。
お仕事などデイタイムでの使用にも向いている。
オーデコロン
(EDC)
3〜5% 1〜2時間 最もライトで爽やか。
気分のリフレッシュ、スポーツの後、入浴後に最適。
オーデサントゥール(EDS) 1〜3% 1〜2時間 アルコールを使っていないタイプ。
お肌の弱い方や子供さんにも使えます。

このページのtopへ

[香水ランキング] 男性用香水人気ランキングBEST10
[香水の豆知識] 香水香りの変化 | 香水つけ方 | 香水保存方法 | 香水種類
[香水通販] オススメ香水通販ショップはココ! | 香水通販ショップ
[その他のサイト情報] 香水の相互リンク集(1) | その他の相互リンク集(1) | 相互リンクについて・お問合わせ


Copyright (C) 2006.05.23〜 男性用香水人気ランキングBEST10 All Rights Reserved.