ヨーロッパ一人旅で持って行った日本の電化製品

海外で日本の電化製品を使うには(HOME) > ヨーロッパ一人旅で持って行った日本の電化製品

管理人がヨーロッパ一人旅をした時の話です。

一人旅をした国は5か国。
国名 電圧(V)
オーストリア 230V
ドイツ 127/230V
オランダ 230V
フランス 127/230V
イタリア 125/220V

その時に持って行った日本の電化製品はこちらになります。
電化製品 入力電圧(INPUT) 使用の有無
デジタルカメラ(Canon/充電器) 100-240V 使用
電気カミソリ(Braun) 100-240V 使用
携帯電話(ドコモ/充電器) 100V 未使用
電気バリカン(Braun) 100V 未使用

デジタルカメラ充電器 電気カミソリ 携帯電話充電器
(画像をクリックすると拡大画像がご覧いただけます。)

今考えてみるとかなり恐ろしいことなのですが、僕は「変圧器」を持たずにヨーロッパ一人旅をしていました。

「変圧器」を持たない=電圧が対応していない電化製品を使用すればぶっ壊れるということ
        ↓
電圧が対応していない電化製品といえば、100V(日本国内用)の携帯電話(ドコモ/充電器)と電気バリカン(Braun)
        ↓
使用すれば間違いなくぶっ壊れます
        ↓
でも使用せず。めでたしめでたし。

でもこれはたまたま運が良かっただけの話。
普通に使っていたら、携帯電話の充電器も電気バリカンも壊れていたと思います。

渡航先で壊れてしまい、その結果旅行が台無しになってしまっては悲しいですからね。
そうならないためにも、事前に渡航先の電圧と電気プラグの形状をきちんと調べて、必要とあらば「変圧器」や「変換プラグ」を準備しておきましょう。

ちなみにですが、
デジタルカメラ(充電器)と電気カミソリは、電圧が100-240V対応だったので、ヨーロッパで普通に使うことができました。

ここがポイント!
(1)入力電圧(INPUT)が100-240V表示の場合ほぼ世界中で使用できます。
ただし、電源コードが対応していない場合がありますのでご注意ください。

※入力電圧(INPUT)は、おもにACアダプター、充電器、機器本体の定格表示シール、説明書の製品仕様欄に記載されています。

(2)入力電圧(INPUT)が100V、100-120V表示の場合変圧器が必要です。
[100V] 日本国内用。渡航先の電圧に合わせた変圧器が必要です。
[100-120V] アメリカ、ハワイなど120Vまでの電圧には対応できます。それ以上の国では変圧器が必要です。

(3)変換プラグも忘れずに!
電圧と同じように、電気プラグ(コンセント)の形状も渡航先によって違いますので、それに合った変換プラグを持っていきましょう。

はじめに

ヨーロッパ一人旅での持ち物
海外対応型の電化製品

変圧器選びのポイント

入力電圧(INPUT)を調べる
渡航先の電圧を調べる
消費電力を調べる

世界の電圧・プラグ形状

ヨーロッパ
アジア
オセアニア
北アメリカ
南アメリカ
中近東
アフリカ

変圧器・変換プラグセット

ミニプラ+カントラ セット

変換プラグ

ロードウォリアプラグ
サスコム

変圧器

カシムラ海外用変圧器


その他のサイト情報

旅行の相互リンク(1)
相互リンク(1)
相互リンクについて
お問合わせ・ご利用案内
サイトマップ

このページのtopへ

Copyright (C) 2008.04.04〜 海外で日本の電化製品を使うには All Rights Reserved.